4月(2017年) の出来事 〜ドレスデン Kulturpalapalast のこけら落とし 〜

ライプツィヒの暑い暑い夏も終わり、只今秋晴れが続いています。
やっぱり太陽が日中顔を出してくれると心も身体も温かくなりますね。
数日前は日本でいう十五夜で月明かりも素晴らしい日が続きました。月明かりで読書ができそうなほど明るかったです。
月明かりも、辿れば太陽光ですね。

さて、今日は2017年4月の出来事を書いていこうと思います。
4月はドレスデンのKulturpalastというホールが改装・再オープンし、このこけら落とし公演にMDR放送合唱団が出演しました。演目はベートーヴェンの第九。
個人的には(ソプラノ団員としては?)あまり嬉しくない)演目ですが、久しぶりの第九、そして久しぶりの暗譜でした。

Kulturpalastのホール


オープニング公演の当日の様子がYoutubeでご覧頂けますので、以下にリンクを貼りますので、宜しければご覧ください。私もほんの一瞬映ってる事を今発見。ボーッとした顔してます・・・。ベートーヴェンの第九はやっぱりお祝いムードにピッタリの曲ですね。





今回のドレスデン公演は数日ドレスデンに滞在したため、空き時間にはドレスデンの街も散策もできました。
アルテ・マイスター絵画館に初めて入り、疲れ切るまで歩き回って(もちろん本番がない日、、、)沢山の有名な絵画を鑑賞、エルベ川周遊などを楽しみました。


ドレスデンの街中の中心にあるフラウエン教会とマルチン・ルターの像

街並み
左後方にフラウエン教会



エルベ川を少し周遊
寒かったです・・・

船のエンジン






説明を追加


アルテ・マイスター絵画館の入り口には日本語が。





これはある絵画の一部ですが、これが特にお気に入り。
ただし、、、なんの絵だったかな〜、、、

これも一部分ですが、キリストの誕生の知らせを聞いた羊飼いが喜び踊っている所だそうです。

これはモーセが十戒の板を怒って壊しいる様子が描かれていますね。
十戒の1枚はもう既に割られてしまっています。左には金の偶像の牛の像も。
聖書のストーリーがわかると絵画は鑑賞するのが楽しいです。
もっと聖書を読まねば、、、。

ポロンポロンと音色が聴こえてきそうな一枚。
どんな音楽が奏でられていたのか想像力を駆り立たせられます。

色々な美術館で見つける事ができるバベルの塔。
右手前の王様らしき人がいかにも誇ってこの塔を示しているように見え、人間のおごり高ぶりの様子ですね。
でもこのバベルの塔の事件さえなければ語学がバラバラにならなくて済んだのに、、、とドイツ語や語学の壁をいつも苦々しく感じている私にとってはいつも恨めしく思います。




2019年 明けましておめでとうございます!

2019年元旦のドルトムント公演を終え、ライプツィヒに帰る電車からの景色です。


2019年、明けましておめでとうございます。
昨年は音楽家として多くの貴重な経験をさせて頂き感謝な一年でした。
今年も人間的にも音楽家としても成長していけたらと願うばかりです。
止まっているブログも少しずつまた再開できたらと思っています。
今年も皆様にとって実り豊かな年になりますように。
2019年もどうぞ宜しくお願いいたします!

加藤麻衣


追伸:数ヶ月間ずっとパソコンの調子が悪く、ホームページの方にメッセージを頂いた方にお返事ができずじまいでいました。連絡をくださった方、大変失礼いたしました。その後お返事を送らせていただのですが、ドイツのパソコンからのメールをブロックされてしまいエラーメールで戻ってきてしまった方もいらっしゃいました。ご了承頂けましたら幸いです。

3月 (2017年) の出来事 〜 イギリス・ルネサンスの作品を演奏


2017年3月にはMDRのNachtgesangプロジェクトの演奏会がありました。
Nachtgesang (夜の歌)は年に数回あり、その名の通り夜10時から開演で、いつも眠気と緊張(冬は会堂の寒さも)との戦いの演奏会なのですが、入場無料ということもあり、毎回沢山のお客様が来てくださいます。
今回はイギリスの指揮者Stephen Layton氏を迎え、イギリス・ルネサンス音楽、バードとタリスの作品を中心としたプログラムでした。イギリス・ルネサンス作品はなんとも言えず、私にとってはどこかとても懐かしく感じる作品ばかりです。演奏を始めるとその時代の時空がみるみる浮き立ってきて、音楽そのものが空間に細かい粒子となって放出され肌に染み渡ってくる感じです。不思議な感覚、個人的には鳥肌もののプログラムでした。
イギリスからの指揮者をお迎えし一緒に仕事をする中で毎回思うことなのですが、演奏するにあたっての発声が独特です。ルネサンス作品という事も勿論あるのですが、ノンビブラートは必須、そして母音がドイツ的発声よりも薄くて明るい、それでいて響きは付いている。そして歌詞が英語という事も大きく関係してくる事は間違いありませんが、どの音域もファルセットを混ぜて鼻歌のようにリラックスして常に歌うといった感じでしょうか。文で書くと表現が難しいのですが、Kings singersの演奏を聴くとまさにそれ、と言った感じです。
練習中は何度発声を指揮者から指摘されたかわかりません。なんせ、ついこのあいだまではマーラーやメンデルスゾーンを歌っていたので短期間での発声の切り替えと技術の構築が難しかったのは正直なところです。
そして、1週間前にはヴァイル音楽祭デッサウ公演があり(ここでは詳しく書きませんが )、帰りのバスの寒い空調のおかげで風邪で寝込むも、Nachtgesangの演奏会では少しですがソロを歌わうことになっていたため、鼻風邪が抜けますように、声が持ちますように…とヒヤヒヤしながら本番に臨みました。全てアカペラ作品(実際これほど怖いものはありません)、しかも本番直前には急遽全体の立ち位置もガラッと変更になってしまい何かとプレッシャーで冷や汗ものでしたが、本番は集中して、それでも楽しんで指揮者を中心に良い音楽が造れたように思います。
そんな中、本番数週間前に同僚達と作った手作りビオ石鹸がリハーサルの日に手元に届きました。6種類全て違う香りでどれも良い香り。音楽と香りってなにか共通しているようにも思えた日でもありました。リハーサルは休憩中に石鹸の香りを嗅ぎながら頑張りました。笑

私たちの演奏ではありませんが、今回のプログラムで演奏したタリスの"If Ye love me" の素敵な音源をYoutubeで見つけたのでもし宜しければ是非。
https://www.youtube.com/watch?v=J6RgaPTo4hE




Nachtgesangの演奏会が毎回行われるPeterskirche(ペテロ教会)


同僚と作った手作り石鹸



2月 (2017年)の出来事 〜 ベルリンフィルハーモニー


2017年2月はベルリンに赴き、ベルリンフィルハーモニーでマーラー3番の本番がありました。子供の頃、東京少年少女合唱隊で何度も子供の合唱は歌ってきましたが、女性合唱は人生初。歌う箇所は少しですが、子供の箇所で歌い出さない様に注意しつつ (笑) 歌っていました。ついついつられて歌いたくなったのは此処だけの話。
それにしても、この作品の最終楽章ってこんなにも美しかったっけ、、、とリハーサルの時点で涙が溢れそうになりました。作品最後のダブルティンパニーの箇所はとにかく圧巻で、マーラーの音楽を演奏しながら堪能したひと時でした。
演奏会前日には久しぶりににハンブルク時代に知り合って現在ベルリンに住むインドネシア人の友人と再会。美味しいタイ料理屋さんに連れて行ってもらってお腹いっぱい笑いました。ドイツで外国人として頑張る信頼できる友人がいることは私にとって非常に励みになります。
それにしても、ベルリンは美味しいレストランがたくさんあって羨ましい限りです。




ベルリンの地下鉄
運転が荒いのか、それとも線路があまり良くないのか...
ガタガタと唸りながら走ります。笑
インドネシア出身の友人と久しぶりの再会



1月 (2017年) の出来事 〜ベルン (スイス) 公演


大変ご無沙汰しております!
まだまだ日本は残暑厳しい日が続いているのではないでしょうか?
ライプツィヒはすでに秋の風が吹いています。
人生の波、忙しさの波に飲まれながらも毎日元気に歌っておりましたが、ブログの更新からすっかり遠ざかっていました...。
久しぶりに少し時間の余裕ができたので、過去の回想記を再びアップしていきたいと思います。といってももうすっかり2年前?!
マメに作業に取り組めるように今年の新年にお豆を食べるべきでした...
すでに時遅し...

気を取り直して...
今回は2017年の1月の出来事を。
この月はMDR放送合唱団のベルン公演がありました。
今回の公演ではメンデルスゾーンの《賛歌》を演奏しました。
この作品はメンデルスゾーンが1840年にグーテンベルクの印刷技術完成400年記念祝典のためにライプツィヒ市から委嘱され作曲した作品で、ライプツィヒのトーマス教会でメンデルスゾーン自身の指揮により初演され、その後一部改正されて再び自身の指揮でゲヴァントハウスで再演されたそうです。まさにライプツィヒを拠点とするMDR 放送合唱団にとっては誇りをもって演奏できる作品です。
指揮は準・メルクル、オーケストラはベルン・シンフォニーオーケストラでした。
準・メルクルは2007年から2012年にかけてMDR交響楽団主席指揮者でしたので、その繋がりで今回彼がMDR放送合唱団を現常任指揮を務めているベルン・シンフォニーオーケストラとの公演に招待し実現した公演でした。
2公演あったのですが、両公演ともに大きな拍手を頂けたことは私たちにとって今後の大きな励みになりました。そしてベルン滞在中にMDR放送合唱団のCDがクラシック界のオスカー賞であるインターナショナルクラシックミュージックアワードを受賞しました。このCDは私が働き出す半年前に録音したものですが、とても誇りに思います。

CD情報はこちら:
https://www.mdr.de/konzerte/rundfunkchor/cd-rundfunkchor-geistliche-gesaenge-100.html

ベルンの街は今回初めて滞在しましたが中世の雰囲気を色濃く残す素敵な街でした。

マイナス気温だというのに空き時間には同僚たちと雪山散歩、そしてまさかのソリ滑り(本番前だというのにあまりに子供のように遊んでいるので写真は載せられませんが。笑)
雪景色の中を散歩中に、今回演奏したメンデルスゾーン "賛歌" の歌詞 (詩篇150:6) が書かれたモニュメントを偶然発見。驚きとともに同僚皆でワンフレーズ歌って記念写真を撮りました。忘れられない旅公演となりました。

そして、来週ヴェルディ《レクイエム》を演奏しに、再びベルンへ行きます(現在2018年9月3日)。片道7時間半かけての大移動です...。
今回の旅のお供のおやつは何にしようか熟慮中です。




演奏会のポスター


Kultur Casino Bernが演奏会会場でした





会場の中
オーケストラの音色は素晴らしいものでした!


マイナス気温の毎日で街の至る所にあった給水所は凍っていました...

ベルンの時計台
定刻になると仕掛け時計が動きます。
しかしなんともあっけない短さで、まだかまだかと寒い中待ちわびていた同僚とがっくり。笑
中世の影を色濃く残すベルンの街はタイムスリップしたような感覚に陥りました


ベルン大聖堂
入り口には最後の晩餐が彫られていました
残念ながらこの日は閉まっていて中に入ることはできませんでしたが、塔の高さは圧巻で、カメラの枠にはいりきりませんでした

街中で見られた地下室への入り口(?)
ここに入ったらなんだか二度と出てこられないか他の世界に迷い込みそう、、、と
想像力と妄想力がフル回転でした。
街中の古い薬局

古本屋さん

なんと浮世絵の日本語バージョンの本も発見


可愛くて思わず買いそうになった古本の絵本




床屋さん


空き時間に雪山を散歩しました



空と雪

もちろん雪合戦もしましたが、雪がサラサラで固まらず、幸い激戦にはならず。

ソリすべり直前に出会った気まぐれな猫



自然の芸術は美しいです


MDRの同僚たちと
偶然雪山で見つけた詩篇150篇

ライプツィヒへの帰路(半日かけての電車移動) への心構えに甘味を準備。

ドイツではお目にかかれない軽く繊細なケーキは素晴らしく美味しかったですが、これひとつ9フラン。
とにかく恐ろしく高いスイスの物価、、、
小さなケーキを同僚と半分づつ楽しみました。